MENU

先輩紹介

 >  新卒採用  >  先輩紹介

インタビュー動画はこちら

1 新木 美晶YOSHIAKI ARAKI
工事部工事課 係員
2015年4月入社 修成建設専門学校
建築学科卒業
仕事内容

現場の1日は、「現場全員での情報共有」から始まります。現場の品質・安全を保つために協力会社の皆様と、前日までの進捗状況、その日の工程、注意事項などを確認、それから現場を巡回し安全管理の徹底を行います。龍建設の仕事は大手ゼネコンからの受注も多く、比較的大きな規模の現場や、様々な工種の多くの職人の方々とのコミュニケーション、厳しい安全基準や、高水準の品質などを高いレベルで求められます。そういった現場の施工管理を任される中で技術力や対応力を常に磨いています。現場での作業を終えた後は事務所に戻りその日の現場作業を振り返り、翌日に向けた準備を行います。全ては工程通りに良い建物をお引き渡しするため。「良い仕事をすることで顧客の信頼を得る」という品質方針を日々実践し、技術力だけでなく、人間性を磨く努力もしています。

龍建設の強み

龍建設では毎月発刊の社内報や工事部会議で経営目標に対する進捗状況や、全現場の進捗状況等、会社の経営状態がリアルタイムで全社員に向けて発信されます。そのような情報からも、龍建設の経営基盤の強さやそこに寄せられるお客様の信頼の重みを感じます。堅実な仕事を一つひとつ積み重ねることの大切さを改めて胸に刻んでいます。業績をオープンにしてくれる「ガラス張りの経営」によって同じ目標を共有し、私たちは安心して仕事に専念することができるのです。

インタビュー動画はこちら

2 堂 竜也TATSUYA DOU
工事部工事課 工事主任
2005年4月入社 西野田工業高校 建築科卒業
入社したきっかけ

就職活動を始めた当時、どのような会社に入社しようかと悩んでいた私に高校の先生に勧められたのが龍建設でした。若手でも大きな現場にチャレンジでき、成長とともに達成感を味わえる会社で、社員も実直な人ばかりだと聞き興味を持ちました。今思い返すと、龍建設は誠実に仕事に取り組む姿勢が、お客様を含む様々な方々に高く評価されているのだと感じます。入社して私もその一員になると誠実さをいかに大切にしているかを身をもって知りました。若手時代には上司や先輩方が一から丁寧に、時には厳しく、実務はもちろん仕事への向き合い方まで周りのたくさんの先輩に教わりました。工事主任となった今でも初心を忘れず誠実さを心掛けています。

仕事のやりがい

現場では工程表を基に私たち現場監督が協力会社の方々に指示を出し現場全体を動かしていくのですが、工程表には表現されていない施工管理者として準備しておかなければならない作業もあります。私の場合は、細部にわたって段取りを組み、事前の確認・準備をして次の日の現場の流れをイメージします。自分が組立てたイメージ通りに現場の作業が進んでいく時に非常にやりがいを感じます。協力会社の方々に気持ちよく働いていただく環境作りをすること、それが安全・品質を向上させ、最終的に良い建物の完成へと繋がるのです。そのことを常に意識し、緊張感を持って日々施工管理に励んでいます。

インタビュー動画はこちら

3 林 晶子AKIKO HAYASHI
建築部見積課 課長
1998年4月入社 修成建設専門学校
建築工学科卒業
仕事のやりがい

「積算・見積り」は、仕事の価値を更に高めていく重要な仕事です。
自分が見積った資材が現場の方々の仕事によって実際に形となり、立派な建物が出来上がるのを目の当たりにした時にやりがいを感じます。竣工した物件には足を運んで実際に自分の目で見ることで達成感を得、次の案件への活力に変えています。「積算・見積り」は建設を支えるという重要な仕事で大きな誇りを感じますが、現場の方々がいらっしゃってこそ建物が実際の形になっていくので、現場の方々への感謝は日頃から大切にし、私も一緒に現場で働いている気持ちで取り組んでいます。

龍建設の強み

龍建設の強みは“対応力”だと感じています。ひとつの建物が出来るまでに、現場では度重なる内容変更に対応しなければなりません。龍建設は積算・見積りから自社で行なっているので、急な変更にも即座に対応する体制が整っています。「迅速な行動!的確な判断!生み出せ成果!」をスローガンに掲げていることもあり、社員全員にスピード対応の概念が浸透しています。

インタビュー動画はこちら

4 野上 裕美子YUMIKO NOGAMI
建築部見積課 社員
2014年4月入社 摂南大学 住環境デザイン学科卒業
入社したきっかけ

龍建設のことは大学の学内説明会で知りました。もともと大学での専攻が建築系の学科だったこともあり大小様々な建設会社を受けていましたが、龍建設ほど“真面目さ”を推している会社が少なく、仕事にまっすぐなその姿勢が自分の目指すところなのではという思いもあって興味を持ちました。一人ひとりをより丁寧に見てもらえる中堅企業に入社したいという希望もあり、龍建設に入社を決めました。

仕事内容

私は大学で学んだことを活かして「積算・見積り」を担当しています。「積算・見積り」は工事を受注する前の段階の仕事で、この先の仕事の内容を左右する重要な仕事です。ほんの少しの数字の誤差で、建設費用が大きく変わってしまい、請負った仕事で損失が出ることはもちろん、顧客の信頼を失うことにもなりかねません。しかし、責任が重い分、達成感もひとしおです。 会社の方針もあり、現時点の個人目標として建築士の資格を目指しているということもあって、自分の能力を磨いてさらに多くの仕事を任せてもらえるように精進したいと考えています。