MENU

 >  会社案内  >  会社沿革

会社案内

会社沿革

1950年(昭和25年)創立、60有余年にわたる龍建設工業のこれまでの歩みについて。

1950年(昭和25年) 近藤春男が龍建設工業株式会社を創立
本社を大阪市旭区森小路に置く
1956年(昭和31年) 本社を移転
大阪市城東区古市の現在地に置く
1957年(昭和32年) 「龍和会(現 龍建設工業株式会社協力会)」発足
1958年(昭和33年) 社内報「龍建新聞」発刊
1959年(昭和34年) ロゴマークの作成
1960年(昭和35年) 釣鐘営業所開設
1961年(昭和36年) 京都出張所(現営業所)開設
1962年(昭和37年) 建設業登録を知事登録から大臣登録に変更
名古屋営業所開設
1963年(昭和38年) 社訓「一考 二究 三行」決定
1965年(昭和40年) 本社建替
1970年(昭和45年) 創立20周年記念式典開催
1971年(昭和46年) 大林組本店協力業者安全衛生協議会設立
近藤春男会長(当時社長)副会長に就任
1974年(昭和49年) 「龍建設工業協力業者安全衛生協議会」設立
1975年(昭和50年) 創立25周年記念式典開催
1981年(昭和56年) 創立30周年記念式典開催
1987年(昭和62年) 大阪府建築健保・年金基金加入
1988年(昭和63年) 「龍建設工業株式会社 協力会」発足
1989年(平成元年) 開発事業部(現営業推進部)・島町事務所開設
1990年(平成2年) 創立40周年記念式典開催
1992年(平成4年) 本社第二ビル竣工
自社所有集合住宅「オリジン星ヶ丘」竣工
1993年(平成5年) 大阪中小企業投資育成株式会社より出資を受ける
資本金9,600万円に増資
1995年(平成7年) 創立者 近藤春男が代表取締役会長・近藤洋史が代表取締役社長に就任
1997年(平成9年) 社長 近藤洋史が大林組協力会社災害防止協会大阪支部会長に就任
1998年(平成10年) 旧愛知県長久手倉庫跡の有効活用
1999年(平成11年) 旧寝屋川倉庫跡の有効活用
2000年(平成12年) 近藤春男会長死去
2001年(平成13年) 創立50周年記念品贈呈
2002年(平成14年) RYU 四谷ビル(名古屋営業所)竣工
2005年(平成17年) 本社ビル改修
・本社業務の一元管理による業務集約
本社第二ビルのテナント化による有効活用
2006年(平成18年) 宅地建物取引業者免許登録
2007年(平成19年) 京都営業所移転
・所有不動産活用の一環として京都営業所を移転
2009年(平成21年) 執行役員制導入
建設業許可を追加(計21業種)
2010年(平成22年) 創立60周年記念式典開催
2015年(平成27年) 新本社ビル建替
創立65周年記念品贈呈