MENU

RECRUITRYU CONSTRUCTION CO., LTD.

1950年(昭和25年)創立。主に大手ゼネコンからの安定した発注を受け、
今日まで堅調な業績を保ち続けています。

龍建設の仕事の流儀STORY

01企画・設計

建物には、ビル、倉庫、店舗、マンション、住居など様々な種類があり、お客様のご要望もさまざま。龍建設は、そのご依頼いただいた建物ごとの多種多様な内容をいかに理解し、どれだけ機転を利かせ、お客様のご要望に応えるかが建設業の命だと考えている。
私たちの仕事は企画・調査・準備段階から工事完成に至るまで案件への携わり方は幅広い。お客様のご要望を徹底的にヒアリングし、長年培った経験や技術を駆使して現場に挑む。Q:品質・C:原価・D:工期・S:安全・R:リスク管理など総合的な視点から完成図を予想し、細やかな配慮を欠かさない。龍建設では、一人ひとりが「誠実」な志を何よりも大切にし、現場ごとに豊かな「創造力」を発揮している。

02ご契約

ご契約は、お客様からの信頼の証だ。
龍建設は創立当時から今日に至るまで、それを忘れたことはない。創意工夫を凝らした堅実な仕事を積み重ねること。それがお客様からの信頼に繋がり、その信頼がまた次の仕事へと繋がっている。その重みをしっかりと受け止め、お客様の信頼に応える仕事をし続ける。一つひとつのご契約に真摯に向き合い、建設を通じて社会のさらなる発展に貢献することが龍建設の使命である。

03施工

ここからが龍建設の『真』の腕の見せ所である。
時間をかけて入念に作り上げた企画・設計を実際に“形”にしていく。
施工管理は、現場の司令塔として全体を見渡して確実に完成へと導く、建物を完成させる上で最も要となる仕事。この仕事にどう取り組むかで品質の善し悪しが決まるといっても過言ではない。そんな厳しさが求められる現場において、「今、この瞬間、自分はお客様のために安心で安全な建物をつくっているんだ」という責任感と使命感を胸に誠実な仕事をする。それが私たちの誇りだ。

04アフターケア

様々な工程を経て完成し、お客様へ建物を引き渡す。しかし、完成してからも龍建設の仕事は続く。
「建物は生きている」私たちはそう考えている。使う人と共に時を重ねていく。もはや建物はパートナーである。だからこそ、より長く、より快適で安全な建物をお使いいただきたい。そんな想いを込めて、建物が完成してからも万全のアフターケアで人々の笑顔をつくりだしていく。それが龍建設だ。

先輩紹介VOICE of SENIOR COLLEAGUE

新卒
採用情報

キャリア
採用情報

採用特設
サイト

エントリー
受付中